本文へスキップ

   社会福祉法人旭悠会

電話でのお問い合わせはTEL.047-476-5122

ホームページからのお問い合わせはこちら  


先輩スタッフに、Q&A形式でメッセージをいただきました!
ぜひ私たちと一緒に、よりよい施設作りを目指しましょう!

ユニット 介護支援専門員 えのもと きよし 〈H22.1 経験者採用〉 

教育方針イメージ

Q.異業種からの転向理由
親族に左半身まひの人がいて、自分の母親が看護師として働きながら在宅介護をしていました。そんな母親を近くで見ていて何か自分もできたらいいなと考えたことがきっかけでした。

Q.偕生園に就職を決めた理由

サービス事業所が多かったので、キャリアアップを図れると考えたからです。また、実際に入職して分かったことですが全体的にモチベーションの高い職員が多いですね。この施設は平成8年に開設してもう20年以上経過しているのですが、考え方が保守的ではなくやる気のある職員にはどんどんチャンスを与えてくれるところがあります。たしかに、ハード面では新設の施設に見劣りする部分もありますが、それを補って余りあるソフト面の充実がいいところです。

Q.仕事の課題
施設全体で考えれば、デイサービスやショートステイの集客力UPが挙げられます。また、私が所属するユニットではオープンから3年目を迎えますので、いま提供しているサービスの質を上げつつ、新たな取り組みを考えていく時期に来ていると思っています。

Qケアマネの仕事とは?
ユニットの施設ケアマネとして30名のご利用者のサービス計画書を作成しています。ご利用者のニーズとしてよく聞かれるのはリハビリ、生活環境の整備、そして余暇をもっと充実してほしいというお声ですね。こうしたご希望をプランに反映させることはもちろん、介護職など他職種の職員との情報共有も大切な仕事となります。また、月に一度ケースカンファレンスといってご利用者に関わる多職種の人と話し合いをもつ機会があるのですが、色々な視点からさまざまなアイデアを出してもらえるような働きかけも行っています。

Q理想のユニット像
一言でいえば完全個別対応ですね。ひとつ例を挙げれば、お風呂は私も含めて夜に入る方が多いと思います。これと同じで、ご利用者も夜の入浴のご希望があれば、叶えて差し上げたいですね。当たり前のことが当たり前にできる環境が理想です。

Q.現在、就職活動中の学生の皆さんへのメッセージ
私も就職活動の際は大いに悩みました。新卒ならなおさらだと思います。社会人の先輩としてアドバイスができるとすれば、入職後の職場環境は自分でつくっていくという覚悟が必要だということです。昔の自分がそうでしたが、環境が悪いのを周囲のせいにしていると転職を繰り返すようになります。でも、ある時から主体的に考えるようになり、少しずつですが変化が見られるようになりました。たとえば、相手の職員に対してこちらの意図が伝わらないときには、きちんと説明したつもりだけど、こちらの伝え方に工夫が足りなかったのかもしれないと考えられるようになりました。相手のせいにしてしまえば、状況は一向に改善されず自分にもイライラが募るばかりです。このような非生産的な行動を改めると、他人に対する見方にも変化が表れます。介護現場にはチームプレーが求められます。一つの目標に向かって協働するためには、主体的に考える姿勢が大事だと気付きました。みなさんも入職してさまざまな困難に遭遇すると思いますが、ぜひ頑張ってください。