本文へスキップ

   社会福祉法人旭悠会

電話でのお問い合わせはTEL.047-476-5122

ホームページからのお問い合わせはこちら  


教育方針イメージ最新号 こもれび 第18号/平成23年7月発行
     ◇理事長挨拶
     ◆15周年を迎えて
     ◇平成22年度事業報告
                   





バックナンバー〈PDFファイル〉

こもれび 創刊号/平成15年8月発行
こもれび 第2号 /平成15年12月発行
こもれび 第3号 /平成16年4月発行
こもれび 第4号 /平成16年9月発行
こもれび 第5号 /平成17年1月発行
こもれび 第6号 /平成17年4月発行
こもれび 第7号 /平成17年9月発行
こもれび 第8号 /平成18年1月発行
こもれび 第9号 /平成18年4月発行
こもれび 第10号/平成18年9月発行
こもれび 第11号/平成19年6月発行
こもれび 第12号/平成20年6月発行
こもれび 第13号/平成21年1月発行
こもれび 第14号/平成21年7月発行
こもれび 第15号/平成22年1月発行
こもれび 第16号/平成22年7月発行
こもれび 第17号/平成23年1月発行
こもれび   夏号/平成25年8月発行




その他のパブリシティpolicy


現在、最新の情報はありません


過去の掲載記録

 掲載誌  発行年月  内  容 (◆タイトル◆)
 介護人材
Q&A
2008年8月
〜2009年1月
◆今日の失敗は明日へのステップ◆ ※連載6回シリーズ
平成20年度採用ツールとして作成した職員の失敗談を掲載。
初回掲載時、平成19年度、予定採用人数を確保するための採用施策とその効果を振り返り、当施設の施設努力と成果をご紹介いただきました
@「介護事故」に関わる体験談を5作品
A「職員の連携・人間関係」に関わる体験談を3作品
B「介護・対人援助技術」に関わる体験談を4作品
C「介護事故」に関わる体験談を5作品
D「関係構築」に関わる体験談を3作品
E「相談援助」に関わる体験談を3作品
2007年12月
別冊付録
◆ 偕(とも)に生きるということ
       〜職員と入居者のエピソード集〜◆
採用ツールとして作成した職員の体験談を1冊にまとめました
現場職員の活き活きとした思いが、たくさんつまっています
 2007年10月 ◆ 人材確保の手立てに採用ツールの工夫を試みる◆
採用難の時代、ホームの明日を担う新たな人材を確保するためにどのような取り組みを行っているか、採用活動についてご紹介
2007年7月
別冊付録
◆ 福祉施設における介護職員のストレス・コントロール◆
3・4月号で掲載した記事が好評となり、もう少し詳しい解説を加えて1冊に再編成されました
2007年3月
・4月
◆ 福祉施設における介護職員のストレス・コントロール◆
ストレスに打ち勝つしなやかな福祉専門職を育成するために、今、施設にできること、そして職員自身にできることを考察します
2006年10月 ◆職員の理想・福祉マインドを「現実化」する◆
平成18年度介護保険制度改定の影響と習志野偕生園の人材育成システム構築の歴史をまとめました
 月間福祉 2008年11月 月間福祉に掲載された記事の中に、手作りの採用ツールとして「私たちの失敗」が取り上げられました
 介護ビジョン  2008年4月 ◆サービス向上につなげる苦情記録◆
当施設の各種記録について取材を受け、苦情をお客様の大切な声として受け止め、サービス向上につなげるための取り組みや、職員のモチベーション向上に活かす「お褒めの言葉記録」など、特徴的な書式を紹介していただきました
2008年3月 ◆人材育成で現場を活性化◆
当施設の人材育成について取材を受け、職員の人間的成長を支え、組織の強化をはかるための人材育成システムが、人材定着率の向上につながるしくみをとりあげていただきました
KIRACO
Vol.59
2006年5月
・6月
◆ 10歳になりました
    習志野偕生園・グリーンパーク習志野◆
施設の飼い犬ラッキーがレポーターとなって、10周年を迎えた施設を紹介します

広報こもれび
  バックナンバー
その他パブリシティ
 過去の掲載記録

information

習志野偕生園
グリーンパーク習志野

〒275-0005
千葉県習志野市新栄1-10-2
TEL.047-476-5122
FAX.047-476-5147